April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > PBC第1弾が高視聴件数をマーク

PBC第1弾が高視聴件数をマーク

2015年3月10日 13時59分

 先週土曜日7日(日本時間8日)米国4大ネットワークのひとつNBCがラスベガスのMGMグランドから放送したプレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)シリーズ第1回が好調な視聴件数を残した。ニールセン社の調査と発表では平均で340万件、ピーク時には420万件に達した。これは17年前の1998年3月23日、同じ地上波で4大ネットワークのFOXがオスカー・デラホーヤの試合で記録した590万件に次ぐ数字だった。

PBC第一弾が高視聴件数をマーク(ボクシングニュース)
好スタートを切ったPBC、サーマンとゲレロの一戦

 メインのWBAウェルター級タイトルマッチ、王者キース・サーマン(米)vs挑戦者ロバート・ゲレロ(米)戦が白熱。特に不倒男ゲレロがダウンを喫した9ラウンド以降、視聴率が伸びたという。またNBCは試合の進行役にベテランのマーブ・アルバートを復帰させ、クルーザー級ランカー、BJ・フローレスがコメンテーター、コーナーレポーターにレイラ・アリを起用。スタジオではシュガー・レイ・レナードがホスト役を務めるなどキャストの充実も人気を呼んだようだ。

 第2弾は4月11日、ニューヨークのバークレイズ・センターでダニー・ガルシア(米)vsラモント・ピーターソン(米)のS・ライト級チャンピオン対決とアンディ・リー(アイルランド)vsピーター・クイリン(米)のWBO世界ミドル級戦をダブルメインにして挙行される。Photo/BoxingScene.com

Related article
関連記事