July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

29°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 藤岡奈穂子がメキシコへ、川端賢樹引退式

藤岡奈穂子がメキシコへ、川端賢樹引退式

2015年3月9日 18時15分

藤岡(右)と柴田マネ
■3月14日(日本時間15日)メキシコで同地の女子スター選手マリアナ・フアレスと対戦するWBA女子世界S・フライ級王者の藤岡奈穂子(竹原&畑山)が9日、成田空港からメキシコに向けて出発した。試合はフアレスの持つWBC女子S・フライ級インター王座がかけられる。藤岡は昨年11月、WBA女子世界フライ級王者スージー・ケンティキアン(ドイツ)に挑戦して敗れており、2戦連続の海外遠征。

■3月29日に兵庫県市川町文化センターで開催される姫路木下ジム主催「BIG FIGHT BOXING vol.44」は、同ジム所属で2008年にラストファイトを行った元日本S・フライ級チャンピオン川端賢樹の引退記念興行。エキシビションマッチと引退式が行われる。メインはS・バンタム級8回戦、宮崎隆司(姫路木下)vs川瀬吏一(グリーンツダ)。

■4月3日大阪・ボディメーカーコロシアム第2競技場の「第55回風間ボクシング オンテックス杯」でOPBF東洋太平洋女子S・フライ級王座決定8回戦。同級1位の小澤瑶生(フュチュール)と2位の貫輝美(井岡弘樹)が対戦。同タイトルは前王者川西友子の引退により空位となっている。

Related article
関連記事