February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

12°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 柴田明雄「倒して勝つ」 8.8秋山泰幸と防衛戦

柴田明雄「倒して勝つ」 8.8秋山泰幸と防衛戦

2015年6月29日 23時54分

柴田明雄(左)と秋山泰幸
 OPBF&日本ミドル級チャンピオン柴田明雄(ワタナベ)の防衛戦が決定。8月8日東京・後楽園ホールの「DANGAN」で同級1位の秋山泰幸(ヨネクラ)を迎えて、OPBFが4度目、日本が3度目の防衛戦を行う。

 柴田はこれが通算12度目のタイトルマッチ。3月のチャンピオンカーニバルで秋山と対戦する予定だったが、秋山のけがで3月は外国人選手とのノンタイトル戦を行った。今回は仕切り直しの一戦で、指名挑戦者の秋山を迎える。この間にIBFミドル級15位にランク入りした柴田は「スピードで凌駕して、パワーのあるところも見せて前半に倒したい」と燃えている。

 一方の秋山はけがが癒えて初のタイトルマッチに挑む。ここまでの戦績は10勝8KO4敗とキャリアでは25勝11KO8敗1分の柴田に劣るものの、一発の強打とタフネスに自信を持つ。10月に36歳になるベテランにとって大きなチャンスとなる。

 セミでは日本S・フェザー級9位の東上剛司(ドリーム)と日本ライト級13位の斉藤正樹(TEAM10COUNT)のランカー対決が予定されている。

Related article
関連記事