February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

11°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ホープ拳四朗、10.12WBCユースタイトル戦

ホープ拳四朗、10.12WBCユースタイトル戦

2015年9月2日 16時48分

拳四朗がWBCユースタイトル戦(ボクシングニュース) 日本L・フライ級3位につける期待のホープ拳四朗(BMB=写真)が10月12日、後楽園ホールの「ダイヤモンドグローブ&DANGAN141」で、WBCユースL・フライ級王座決定戦に出場することが決まった。対戦相手はOPBFミニマム級8位のローリー・スマルポング(フィリピン)。

 元日本ミドル級、OPBF・L・ヘビー級王者の寺地永会長を父に持つ拳四朗は、アマチュアで国体王者になるなど活躍し、昨年8月にプロデビュー。好選手との対戦に勝利してここまで4連勝(3KO)をマークしている。その拳四朗が初めてのタイトル戦を迎えた。記録サイト「ボックスレク」によると、対戦相手のスマルポングは9勝4KO1分の21歳で、フィリピン国外での試合は初めてとなる。

 セミでは元日本・OPBFライト級王者でWBO世界同級14位の加藤善孝(角海老宝石)が、日本ライト級5位の原田門戸(横浜さくら)と対戦。ほかに日本S・ウェルター級ランカー対決、下川原雄大(角海老宝石=3位)vs斉藤幸伸丸(輪島功一S=6位)、日本フェザー級5位・林翔太(畑中)と日本S・フェザー級12位・梅津宏治(ワタナベ)の一戦など好カードが組まれている。詳しくはDANGANフェイスブックで。https://www.facebook.com/danganboxing

Related article
関連記事