February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 2月は注目試合が目白押し!
近藤明広は挑戦者決定戦、山下賢哉は元世界王者と

2月は注目試合が目白押し!
近藤明広は挑戦者決定戦、山下賢哉は元世界王者と

2019年1月29日 11時50分

 2019年1月は国内試合こそ少なかったものの、S・バンタム級の高橋竜平(横浜光)、S・ウェルター級の井上岳志(ワールドS)がアメリカで世界タイトルに挑戦。ともに敗れたものの、世界に挑む熱い姿を見せた。2月は国内でも注目試合が続々と行われる。主だったものをピックアップしてみよう。

谷口の世界初挑戦は2月26日後楽園ホール

 2月の世界タイトルマッチは現時点で26日後楽園ホールのWBOミニマム級タイトルマッチ。同級2位の谷口将隆(ワタナベ)が王者ビック・サルダール(フィリピン)に挑む。サウスポーの谷口が今年初の世界王者誕生を目指す。

 世界戦に次ぐ試合となると18日の後楽園ホール。IBF・S・ライト級挑戦者決定戦の4位・近藤明広(一力)vs7位・ダオヌア・ルアワイキング(タイ)だ。

2度目の世界挑戦を目指すS・ライト級の近藤

 近藤は17年11月、ニューヨークでセルゲイ・リピネッツ(ロシア)で空位のIBF同級王座を争い判定負け。対戦相手のダオヌアは14勝11KO無敗の22歳。キャリアでは31勝18KO7敗1分の近藤が大きく上回る。

 ビッグネームと対戦するのはこちらもS・ライト級で世界を目指す岡田博喜(角海老宝石)だ。10日(日本時間11日)米カリフォルニア州フレズノでゴングとなる元WBOライト級王者ライムンド・ベルトラン(メキシコ)戦は、勝てば世界に大きく近づく一番となっている。

元2階級制覇王者に挑む“パンチ”山下

 もう一人のビッグネーム戦を迎えるのは、日本バンタム級7位の山下賢哉(白井・具志堅S)。16日にフィリピンで元2階級制覇王者ジョンリール・カシメロ(比)に挑む。3階級制覇を狙うカシメロは現在、世界ランキングから外れているが、山下がこれに勝てば名を上げるのは間違いない。

■2月の注目試合

2日(後楽園ホール)
◇132P契約10回戦
尾川堅一(帝拳)vsロルダン・アルデア(比)

◇日本フライ級王座決定戦
中谷潤人(M.T)vs望月直樹(横浜光)

10日=日本時間11日(米フレズノ)
◇S・ライト級10回戦
岡田博喜(角海老宝石)vsライムンド・ベルトラン(メキシコ)

10日(兵庫県姫路市・ウインク武道館)
◇WBOアジアパシフィック・バンタム級王座決定戦
清瀬天太(姫路木下)vsベン・マナンクィル(比

11日(広島県広島市・NTTクレドホール)
◇OPBF・L・フライ級タイトルマッチ
王者・エドワード・ヘノ(比)vs板垣幸司(広島三栄)

14日(後楽園ホール)
◇OPBF・S・バンタム級タイトルマッチ
王者・勅使河原弘晶(輪島功一S)vs入口裕貴(エスペランサ)

◇日本L・フライ級王座決定戦
堀川謙一(三迫)vs戸高達(レパード玉熊

16日(フィリピン・ケソンシティ)
◇117P契約8回戦
山下賢哉(白井・具志堅S)vsジョンリール・カシメロ(比)

18日(後楽園ホール)
◇IBF世界S・ライト級挑戦者決定戦
近藤明広(一力)vsダオヌア・ルアワイキング(タイ)

24日(エディオンアリーナ大阪)
◇OPBF・WBOアジアパシフィック・ミドル級タイトルマッチ
王者・細川チャーリー忍(金子)vs挑戦者・野中悠樹(井岡弘樹)

26日(後楽園ホール)
◇WBO世界ミニマム級タイトルマッチ
王者・ビック・サルダール(比)vs挑戦者・谷口将隆(ワタナベ)

Related article
関連記事