July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > WBCフライ級戦は無効試合 ダウン後の加撃判明

WBCフライ級戦は無効試合 ダウン後の加撃判明

2019年9月1日 10時49分

 現地時間31日ロンドン、ロマチェンコvsキャンベルのリングで行われたWBCフライ級タイトルマッチは意外な結末。王者チャーリー・エドワーズ(英)vs挑戦者1位フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)は3ラウンド途中で終了。マルティネスのKO勝ちから無効試合に裁定が変わった。

マルティネスはこのあとのパンチが問題に

 3回、マルティネスが左右フックでチャージすると、エドワーズはリング中央にヒザをつく。そこへマルティネスは左ボディーを見舞う。主審はそのままカウントを数えカウントアウト。この回1分43秒、マルティネスのKO勝ちとアナウンスされた。

 しかし試合のリプレーが会場に流れると最後のパンチはダウンしたエドワーズに浴びせられたことが明白。ファウルと判断した立会人が裁定をノーコンテスト(無効試合)に変更した。

命拾いのエドワーズがファンにこたえる

 これを受けてWBCマウリシオ・スライマン会長は両陣営にダイレクトリマッチを締結するよう通告した。

 セミで行われたWBAインターナショナル・ヘビー級王座決定戦は、元WBAレギュラー王者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)が元統一王者タイソン・フューリーの従兄弟、ヒューイ・フューリー(英)に3-0判定勝ちを収めた。スコアは119-108×2、118-109。Photos/SUMIO YAMADA

■フライ級世界王者
WBA アルテム・ダラキアン(ウクライナ)
WBC チャーリー・エドワーズ(英)
IBF モルティ・ムザラネ(南ア)
WBO 田中恒成(畑中)

Related article
関連記事