May
19
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 青木ジムが休会 所属選手に不当に金銭要求

青木ジムが休会 所属選手に不当に金銭要求

2019年9月25日 14時24分

 青木ジムの有吉将之会長は25日、日本プロボクシング協会を通じて2020年1月1日付けで東日本ボクシング協会を休会すること、有吉会長は協会の理事職を25日付けで退任することを発表した。

 青木ジムをめぐってはSNS上で、同ジムが練習生に規定の4倍の月謝を支払わせていた、などとの書き込みがなされた。同ジムは謝罪とともに「(指摘された事実は)一定の理由付けができるものの、パワーハラスメントと捉えられても仕方のない状況を作り出したことは否定できない」との声明を発表。事態を重く受け止め、休会という決断をくだした。

 青木ジムは、国内女子最多となる17度の防衛を成し遂げた元WBC女子世界アトム級王者、小関桃を生み出したほか、現在は元WBO世界フライ級チャンピオンの木村翔が所属。休会により木村を筆頭に所属選手は他ジムに移籍することになる。

Related article
関連記事