0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年11月3日日曜日

ヘイニーの相手はドミニカ人 WBCライト級V1戦

 9日(日本時間10日)ロサンゼルスのステープルズ・センターで防衛戦を予定するWBC世界ライト級王者デビン・ヘイニー(米)の対戦相手が決まった。ヘイニー(23勝15KO無敗=写真)はアルフレド・サンティアゴ(ドミニカ共和国=12勝4KO無敗)を挑戦者に迎える。

 ヘイニーは9月、ザウル・アブドゥラエフ(ロシア)とのWBC暫定王座決定戦でTKO勝ち。20歳でベルトを獲得した。その後メキシコのカンクンで開催されたWBC総会で正規王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)がフランチャイズ王者に昇格。それによりヘイニーが正規王者にシフトした。

「試合が締結してとてもハッピー。私はWBCチャンピオンだけでなく他のベルトも保持していると思って戦う。勝利は21歳の誕生日の最高のプレゼントになる」とヘイニー。早くも大物を予感させる発言している。

 対するサンティアゴは「彼が私を選んだのは間違い。ミスター・ヘイニーは恐ろしい選手だけど私が勝つ」とアップセットを誓っている。

 同じリングでWBO世界S・ミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英)がマルセロ・コセレス(亜)と防衛戦。メインはKAIとローガン・ポールのユーチューバー対決の再戦。Photo/SUMIO YAMADA