日本語

Home > ニュース > 元日本ランカー、真闘拳マネジャーの須田芳黄さん死去
ニュース

2021年7月13日 火曜日

元日本ランカー、真闘拳マネジャーの須田芳黄さん死去

 元日本ランカーで真闘拳マネジャーだった須田芳黄(リングネームは三船豪=写真)さんが13日、死去した。享年70。長くガンと闘病中だった。

 栃木県小山市出身の須田さんは草加有沢ジムのプロ第1号選手。強打のサウスポーとして活躍し、タフな小熊正二からダウンを奪ったこともある(判定負け)。

 沼田久美の日本バンタム級タイトルに2度挑んだほか、磯上修一、ワルインゲ中山、ハリケーン照らと対戦した。グアム、メキシコ、ロサンゼルスなど海外を転戦もし、力をつけた。生涯戦績は24勝9KO18敗1分。

 引退後、古巣で同じサウスポーの強打者の人気選手飯泉健二などを手掛けた。磯上と対戦した縁もあって真闘拳のマネジャーを最後までつとめた。

 プライベートでは、夫人になる女性とメキシコ遠征中に知り合い、猛アタックの末結婚。愛妻家として知られた。

Related

関連記事