June
22
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > L・ヘビー級3団体王者ベテルビエフ 今週末イギリス初登場 19連続KOなるか

L・ヘビー級3団体王者ベテルビエフ 今週末イギリス初登場 19連続KOなるか

2023年1月26日 12時29分

 IBF&WBC&WBO統一L・ヘビー級王者アルツール・ベテルビエフ(ロシア=カナダ)vs.挑戦者WBO1位アンソニー・ヤード(英)が28日(日本時間29日)ロンドンのOVOアリーナ(ウェンブリーアリーナ)で行われる。対戦に先立ち25日、公開練習が行われた。

豪快なKOに期待が集まるベテルビエフ

 プロでは英国初リングとなるベテルビエフ(18勝18KO無敗)はアマチュア時代ロンドン五輪ヘビー級準々決勝で現ヘビー級3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)に敗れて以来のロンドン登場となる。

 「いいキャンプが送れ、いいスパーリングを行った。いかなる状況、作戦にも対応できる準備をこなした。ヤードと(前回対戦した)ジョー・スミスを比較することはできない。スミスはあの時ベルトを持っていた。違ったファイトになる」とコメント。パーフェクトレコードの更新を狙う。

 待望されるWBAスーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)との4団体統一戦に関しては「今は土曜日の試合だけを考えている」と語った。

2度目の世界挑戦となるヤード

 一方、地元で無敵王者に挑むヤード(23勝22KO2敗)は「彼の今までの業績を振り返ると、一段と私のヤル気を刺激する。彼は負けるシチュエーションは考えてなさそうだけど、それは私の出方にかかっている」と強打を武器に番狂わせを目指す。2019年に当時のWBO王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)に敗れて以来2度目の挑戦のチャンスに懸ける。

 前座ではWBAフライ級王者アルテム・ダラキアン(ウクライナ)がダビド・ヒメネス(コスタリカ)と6度目の防衛戦を行う。明日26日は記者会見が予定されている。Photos by Queensberry Promotions

Related article
関連記事