July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Thunderstorm
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 最新日本ランキング 那須川天心はS・バンタム級7位 永田丈晶、松本圭佑、原優奈が新王者

最新日本ランキング 那須川天心はS・バンタム級7位 永田丈晶、松本圭佑、原優奈が新王者

2023年4月26日 17時00分

 JBC(日本ボクシングコミッション)は26日、最新4月度の日本ランキングを発表した。3階級でチャンピオンの変動があり、フライ級永田丈晶(協栄)、フェザー級松本圭佑(大橋)、S・フェザー級原優奈(真正)がそれぞれ初の王座に就いた。S・ウェルター級は暫定王者中島玲(石田)が誕生した。

那須川天心

 キックボクシングから転向し、4月8日のデビュー戦(6回戦)でいきなり日本バンタム級2位の与那覇勇気(真正)に大差判定勝ちした那須川天心(帝拳)はS・バンタム級7位にランキングされた。ちなみに同級王座は古橋岳也(川崎新田=引退)が返上して以降依然として空位で、決定戦も未定。

 那須川のほか、新たにランク入りしたのは、フライ級12位見村徹弥(千里馬神戸)、S・フライ級11位神崎靖浩(倉敷守安)、同12位山口仁也(三迫)、バンタム級10位杉本太一(勝輝)、同12位梅津奨利(三谷大和S)、フェザー級11位大里登(大鵬)、同12位渡邊海(ライオンズ)、S・ウェルター級2位小林柾樹(角海老宝石)、ミドル級4位中田勝浩(井岡弘樹)ら。

 また元OPBFウェルター級王者で引退から復帰した長濱陸(石田)は同級7位にランキングされた。前日本S・ウェルター級王者の川崎真琴(RK蒲田)は現役引退を表明し、名前が消えた。

Related article
関連記事