0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年4月25日金曜日

メキシコ期待のセハが山中挑戦を熱望

 メキシコ軽量級最強のホープといわれるフリオ“ポジート”セハ(WBCバンタム級4位)が今週土曜日26日(日本時間27日)メキシコシティで、ラネル・スコ(フィリピン)と対戦する。試合はセハの保持するWBCバンタム級シルバー王座が争われる予定。

 セハ(21=26勝24KO1敗)は昨年、英国で地元のジェイミー・マクドネルとIBF世界バンタム級王座を争ったが惜敗。「自分が1、2ポイント勝っていた。試合を盗まれた」と公言するメキシカンは防衛を果たしたばかりのWBCチャンピオン山中慎介(帝拳)へ標的を定める。「私にとって土曜日の試合はきわめて重要。スコの情報はあまり無いけど、フィリピン人はストロングで勇敢でアグレッシブ。サプライズが起きないように慎重に戦い、山中挑戦のチャンスをつかみたい」と意気込みを語っている。

 同じリングでは元世界チャンピオンの天海ツナミ(アルファ)が、セハ同様にナチョ・ベリスタイン氏の指導を受ける女子ボクサー、ジェシカ“キカ”チャベス(メキシコ)と再戦する。Photos/PePe Rodriguez