0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年10月16日木曜日

マイキー王座返上、サリドが正規王者に

 WBOのフランスシスコ・バルカルセル会長は14日、S・フェザー級暫定王者オルランド・サリド(メキシコ)の正規チャンピオン昇格を発表した。サリド(42勝29KO12敗2分)は先月20日、ターサク・ゴーキャットジム(タイ)との7度のダウン応酬の激闘を制して暫定王者に就いていた。

 正規チャンピオンだったマイキー・ガルシア(米)は正式発表はしていないが、ベルトを返上したと報じられる。トップランク社とのトラブルで今年1月の試合からリングから離れているガルシアは、サリドと団体内の統一戦で再戦するオプションもあったが、ライト級を飛び越え、S・ライト級へ進出する公算が強くなった。