2016年6月12日日曜日

フローレス敵地で暫定王座防衛、リゴンドウ戦指令

 11日(日本時間12日)ナミビアのウィンドフックで行われたWBA・S・バンタム級暫定王座戦は、王者モイセス“チュキー”フローレス(メキシコ)が挑戦者の元WBO世界バンタム級王者パウルス・アンブンダ(ナミビア)に3-0判定勝ち。2度目の防衛に成功した。

 両者は試合は前半、打撃戦を展開して地元観衆を沸かせる。しかし中盤に入るとフローレスが徐々に攻防をコントロール。ポイントをリードしたフローレスは終盤アンブンダの反撃を振り切りゴールテープを切った。公式スコアは115-112、115-110、114-111でメキシカンが支持された。

 フローレスは25勝17KO無敗。2013年に亀田和毅にWBO王座を奪われた経験を持つアンブンダは24勝10KO2敗。フローレスは7月16日、英国カーディフで予定されるWBA同級スーパー王者ギエルモ・リゴンドウ(キューバ=写真)vsジェームズ・ディケンス(英)の勝者との“統一戦”が通達されている。