2016年12月31日土曜日

小國以載がグスマン撃破、世界初挑戦で殊勲!

 IBF世界S・バンタム級タイトルマッチは、5位挑戦者小國以載(角海老宝石)が王者ジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国)に3-0判定勝ち。殊勲の王座奪取を果たした。グスマンはタイトル初防衛に失敗。

 出だしからさっそくプレスをかけてきたグスマンに対し、小國は3回に見事な左ボディーを突き刺して倒す。このラウンドをしのいだグスマンは持ち前のパワーパンチをかざして小國の右頬を腫らせる。

 しかし小國はよく守り、反撃のワンツー、ボディーも叩いて対抗。グスマンは相変わらずボディーに不安があり、試合は中盤になっても分からない。

 相手の強打に耐えながら、小國は終盤8回以降はグスマンにプレスをかけ、11回には左ボディーでまたもグスマンはダウン(裁定は低打によるとしてスリップ)。最終回もエスケープするグスマンを追って試合終了。スコアはジャッジ3者が115-112だった。

 元OPBF、日本王者の小國は世界初挑戦でタイトル奪取。戦績は19勝7KO1敗1分。プロ初黒星を喫したグスマンは22勝22KO1敗1無効試合。