0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年7月6日木曜日

黒田雅之IBFランク入り、リゴvsフローレス再戦指令

■IBFが3日付けで6月度ランキングを発表。日本勢は日本フライ級チャンピオンの黒田雅之(川崎新田)が12位にランクされた。黒田はWBA、WBOに続く世界ランク入り。S・フライ級の石田匠(井岡)、フェザー級の竹中良(三迫)は圏外となった。リー・ハスキンス(英)を下したライアン・バーネット(英)がバンタム級新王者となった。

■WBAはS・バンタム級“スーパー”王者ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)とモイセス・フローレス(メキシコ)に対し、再戦を行うよう正式にオーダーした。両者は先月26日に対戦し、リゴンドウが初回KO勝ちを収めたと一度はコールされたが、その後映像を検証した結果、リゴンドウのパンチがゴング後だったことが判明。試合は無効試合に変更されていた。

■WBAは対戦指令を出しているフェザー級“スーパー”王者レオ・サンタクルスと同級“レギュラー”王者アブネル・マレスについて、交渉がまとまらない場合は7月21日に入札を行うと両陣営に通達した。対戦指令は早くから出ており、一時は9月9日という日程まで報じられたが、現時点で正式契約にはいたっていない。両者は15年8月に対戦し、サンタクルスが判定勝ちを収めている。

■WBAは再戦オーダーを出したミドル級正規王者アッサン・エンダム(仏=カメルーン)と1位の村田諒太(帝拳)との再戦について、入札の開催を当初の7日から15日延長すると発表した。