2017年8月11日金曜日

亀海喜寛と対戦のコット、12.2レミューと最終戦?

 26日(日本時間27日)米カリフォルニア・カーソンで亀海喜寛(帝拳=写真)とWBO世界S・ウェルター級王座決定戦を行う4階級制覇王者ミゲール・コット(プエルトリコ=36)が次戦に関してプランを明かした。それによると亀海戦で勝利を飾り、負傷や深いダメージを負わなければ、12月2日ニューヨークで前IBFミドル級王者のデビッド・レミュー(カナダ)と対戦する可能性があるという。リング誌のホームページが伝えた。

 コット(40勝33KO5敗)は先日、今年中に現役を退くと発言。その時、亀海戦がラストファイトになるかは言及しなかった。亀海戦の会見と同時にGBPとの契約を発表したコットは、同プロモーション傘下のレミュー(38勝33KO3敗)であれば、交渉が比較的スムーズに運ぶと思われる。

 また、プエルトリコ移民が多いニューヨークはコットの本拠地と呼べる土地で、マジソンスクエアガーデンをはじめ、タイトル戦を何度も開催。常に満員のファンを集めてきた。その強打で地元カナダや米東部で人気があるレミューとの対戦はビッグネームの引退試合として、締結すれば話題となりそうだ。