excite_650x150

excite_650x150

2018年10月7日日曜日

ネリが3回TKO勝ち再起 バンタム級王座奪回めざす

  出場停止処分が解けた前WBCバンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が6日(日本時間7日)地元ティファナに登場。今年日本のリングにも立ったジェイソン・カノイ(フィリピン)を3回にストップ。WBCバンタム級シルバー王座を獲得した。

 開始まもなくサウスポー、ネリの左アッパーでカノイは背中からダウン。起き上がるもダメージが深く、ストップは時間の問題に思えた。しかしカノイはネリの追撃に耐えてラウンド終了にこぎ着ける。2回、メキシカンの左ボディーをもらったフィリピ―ノだがパンチをリターンして3回へ。

 カノイは右を返して抵抗。しかし右フックから左レバー打ちでチャンスをつかんだネリは連打で追い込み2度目のダウンを奪う。追撃に晒されロープを背負ったカノイにストップがかかった。TKOタイムは2分44秒。

 リング上のインタビューで相手を称えたネリは27勝21KO無敗。次戦に関して「プロモーターのフェルナンド・ベルトラン次第」と発言。そのベルトラン氏は「もう一度バンタム級でやらせる。バンタム級最強はネリだ」とアピールした。

 今夜WBSSの初戦を戦う井上尚弥(大橋)らを意識したようなコメントだが、まだ王座が空位のWBC王座奪回をめざすもようだ。Photo/Zanfer Promotions