July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > フライ級2団体統一戦 WBO王者ロドリゲスとIBF王者エドワーズが対戦合意

フライ級2団体統一戦 WBO王者ロドリゲスとIBF王者エドワーズが対戦合意

2023年6月26日 16時53分

 フライ級のWBO王者ジェシー・ロドリゲス(米)とIBF王者サニー・エドワーズ(英)が統一戦に合意したとのニュース。主催のマッチルーム・ボクシングが明らかにしている。日時と場所は明らかにされていないが、ESPNは12月にアメリカでの対戦が有力と報じている。

 23歳のロドリゲスは昨年2月、カルロス・クアドラス(メキシコ)との王座決定戦を制してWBC・S・フライ級王座を獲得。2度防衛後にタイトルを返上し、クラスを下げて今年4月、クリスチャン・ゴンサレス(メキシコ)との王座決定戦に勝利してWBOフライ級王座を獲得、逆2階級制覇を達成した。

 デビューから18連勝11KOのスター候補で、先日井岡一翔(志成)に敗れて引退を表明した前WBO・S・フライ級王者ジョシュア・フランコ(米)は実兄だ。試合が実現すれば初防衛戦が統一戦となる。

 27歳のエドワーズは19年12月、モルティ・ムザラネ(南アフリカ)から王座を奪い、これまで4度の防衛に成功。昨年はWBC王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)の統一戦が取り沙汰されたが、念願の統一戦の相手はWBO王者ロドリゲスとなった。戦績は20勝4KO。こちらの兄は元WBCフライ級王者のチャーリー・エドワーズ。

Related article
関連記事