July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > フライ級2団体統一戦は12.16アリゾナ ロドリゲスとエドワーズが無敗王者対決

フライ級2団体統一戦は12.16アリゾナ ロドリゲスとエドワーズが無敗王者対決

2023年8月14日 9時13分

 IBF王者サニー・エドワーズ(英)とWBO王者ジェシー・ロドリゲス(米)によるフライ級2団体統一戦が12月16日、米アリゾナ州グレンデールのデザートダイヤモンドアリーナにセットされた。主催のマッチルームボクシングが発表した。

 

 WBC・S・フライ級王座に就き2度防衛後、今年4月、決定戦でWBOフライ級王座を獲得したロドリゲス(23=18勝11KO無敗)はそれ以来のリング。そのクリスチャン・ゴンサレス(メキシコ)との決定戦でアゴを骨折したが手術して完治した。

「試合を組んでくれたマッチルーム、帝拳プロモーション、チームに感謝したい。この試合は自分のスキルをすべての人々に披露して、フライ級のベストであるだけではなく、世界のベストファイターの一人であることを証明する機会になる」と自信をみなぎらせる。

 一方ロンドン在住の27歳、エドワーズ(20勝4KO無敗)はIBFフライ級王座を4度防衛中。ビッグマッチへモチベーションを高めていただけに願ってもないチャンスに歓迎の姿勢を見せる。

「このポジションを得るために尽力してくれたエディ・ハーン、マッチルーム・ボクシング、チームに感謝の意を述べたい。同時に試合を受けてくれたバムにも感謝したい。この試合に勝ってパウンド・フォー・パウンドの一人に入ることを切に希望している」とこちらも士気は高い。

 勝者が一時エドワーズとの対戦を噂されたWBC王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)との3団体統一戦へ前進する見込みだ。

■フライ級世界王者
WBA アルテム・ダラキアン(ウクライナ)
WBC フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)
WBC暫定 マックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)
IBF サニー・エドワーズ(英)
WBO ジェシー・ロドリゲス(米)

Related article
関連記事