July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 優勝賞金1000万円 4回戦のヘビー級トーナメント開催 他競技からの参加も大歓迎

優勝賞金1000万円 4回戦のヘビー級トーナメント開催 他競技からの参加も大歓迎

2024年3月14日 16時06分

 大橋ジムとDANGANプロモーションは14日、2025年5月に開幕するフェニックストーナメント「アジアヘビー級チャレンジカップ」の開催を発表した。

 4回戦選手によるトーナメントでアジア圏の選手を含めて16人のエントリーを見込んでいる。優勝賞金1000万円は4回戦トーナメントとして異例の高額。KO賞もKOラウンドに応じて予選(5~30万円)、準決勝(20~50万円)、決勝(40~100万円)と太っ腹で、勝ち上がればなかなかの賞金を稼ぐことができる。

 記者会見したDANGANの瀬端幸男プロモーターは「34歳までプロテストは受けられる。他競技でもボクシングをやってみたいという人は歓迎する」と他競技の選手にも参加をアピール。プロテスト受験などライセンス取得の手続きが必要になるが、開催1年前の告知で、広く出場選手を募った。

 現在、国内でC級ライセンスを保持するヘビー級選手は8人ほど。それ以外にデビューに向けて練習をしているヘビー級選手は何人かいて、他の格闘技選手から出場を希望する問い合わせが複数あるという。

 大会を主催する大橋秀行会長は「ヘビー級は今後のボクシング界にとって重要になる。力を入れて大会を続けていきたい」と継続的な大会開催、ヘビー級選手の育成に意欲を示した。

Related article
関連記事