June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元世界王者 TJ・ドヘニーが5.6東京ドーム参戦 ネリの万が一に備えリザーブに

元世界王者 TJ・ドヘニーが5.6東京ドーム参戦 ネリの万が一に備えリザーブに

2024年4月10日 18時04分

 5.6東京ドームに元IBF・S・バンタム級王者TJ・ドヘニー(オーストラリア)の参戦が決定。第1試合のS・バンタム級8回戦で、ブリル・バヨゴス(フィリピン)と対戦する。

ドヘニー

 5.6東京ドームのメインはS・バンタム級4団体統一王者、井上尚弥(大橋)とWBC指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)による4団体統一戦。日本ボクシング史に残るビッグマッチだけに、仮にネリが計量失格などで試合に出場できなくなった場合に、リザーブのドヘニーが井上の挑戦者になる。

 大橋会長は「こちらの覚悟を見せるため」とドヘニー起用の理由を説明、ネリに「ちょっとくらいオーバーしても試合を中止にはできないだろう」と高をくくらせないための牽制の意味がある。大橋会長によると、ネリは現在、厳しく管理されてトレーニングを続けているという。

 37歳のドヘニー(25勝19KO4敗)はネリと同じサウスポー。19年4月、ダニエル・ローマン(米)とのS・バンタム級2団体統一戦に敗れて王座陥落したあとは負けが込んだが、昨年6月に中嶋一輝(大橋)、10月には無敗ホープのジャフェスリー・ラミド(米)をともにWBO-AP戦でノックアウトし、存在感をアピール。現在はS・バンタム級でWBO3位、WBC11位にランクされている。

 バヨゴスは21年にプロデビューした22歳。7勝2KO1分で、ボックスレクによるとフィリピン国外で試合をするのは初めて。

Related article
関連記事