May
22
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 前フライ級王者エドワーズ復帰戦 6.29エストラーダvs.ロドリゲス前座でクリエルと元王者対決

前フライ級王者エドワーズ復帰戦 6.29エストラーダvs.ロドリゲス前座でクリエルと元王者対決

2024年4月15日 9時55分

 マッチルームボクシングは14日、6月29日に米フェニックスのフットプリント・センターで開催するイベントの追加カード、元フライ級王者サニー・エドワーズ(英)と元L・フライ級王者アドリアン・クリエル(メキシコ)のフライ級12回戦を発表した。

再起戦が決まったエドワーズ。昨年12月のロドリゲス戦から

 この日のメインイベントはWBCフライ級王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が2階級制覇王者ジェシー“バム”ロドリゲス(米)の挑戦を受ける注目軽量級対決となっている。

 エドワーズ(28=20勝4KO1敗)は21年4月、モルティ・ムザラネ(南アフリカ)からIBFフライ級王座を奪い、4度の防衛に成功。昨年12月、WBO王者だったロドリゲスと2団体統一戦を行い、熱戦を演じて9回TKO負け、王座から陥落した。復帰戦の舞台は敗れたロドリゲスと同じリングとなった。

 クリエル(25=24勝5KO5敗1分)は昨年11月、モンテカルロに乗り込んでIBF・L・フライ級王者シベナティ・ノンティンガ(南アフリカ)に挑戦。不利予想を覆して2回KO勝ちでタイトルを奪取した。今年2月にダイレクトリマッチで10回TKO負け。今回はクラスを上げて再起戦となる。

 ともに王座返り咲きに向け、生き残りをかけた戦いだ。フライ級はWBA王者に日本のユーリ阿久井政悟(倉敷守安)が君臨し、5月6日に東京ドームで桑原拓(大橋)と防衛戦を行う。 Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事