April
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ジョーンズに薬物反応、WBAクルーザー級戦中止

ジョーンズに薬物反応、WBAクルーザー級戦中止

2014年4月26日 14時17分

 モスクワで25日予定されたWBA世界クルーザー級タイトルマッチが当日前座試合も開始された後、キャンセルされた。ヒルベルト・メンドサJrWBA副会長が挑戦者で休養王者のギエルモ・ジョーンズ(パナマ)から検査で違反薬物が発見されたと発表。王者デニス・レベデフ(ロシア)陣営が対戦に応じれば無冠戦として行われる可能性もあったが、両陣営で合意に達せず中止が決まった。

 昨年5月の第1戦ではKO勝ちしたジョーンズが薬物検査を拒否したため、ベルトがレベデフに戻った経緯があった。今回ジョーンズは計量前に検査をパスしたという報道もあったが、土壇場になってメンドサ氏が重大発表。前代未聞の事態となった。パナマの記者によるとフロセマイドという物質が発見され、これは以前ジョーンズから検出されたものと同様だという。

Related article
関連記事