July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ラウンドアップ 細川貴之がタイでIBFアジア王座戦

ラウンドアップ 細川貴之がタイでIBFアジア王座戦

2014年11月6日 16時38分

細川が日本タイトル返上、野中と長島で決定戦(ボクシングニュース)
細川貴之
■前日本S・ウェルター級王者でIBF世界同級11位の細川貴之(六島)が12月12日、タイのバンコクでモセス・セラン(インドネシア)とIBFアジア同級王座決定戦を争う。細川は3月に湯場忠志(都城レオS)を下して日本タイトルを奪取。その後体調を悪化させてタイトルを返上し、12月のタイは9ヵ月ぶりのリングとなる。

■日本フェザー級3位の渡邉卓也(青木)があす7日、タイのリングに登場。ノッパガーオ・サックナロン(タイ)とS・フェザー級8回戦。渡邉は3月と7月に韓国で試合をしており、これで3戦連続の海外遠征。同じ青木所属の栗島雅明もS・ミドル級4回戦に出場。

■JBC公認前の元女子ボクシング世界王者で元OPBF女子ライト級王者のライカが11月16日、後楽園ホールで開催される「RISE102」でキックボクシングにデビュー。57.5キロ契約3分3ラウンド。ライカは昨年8月、韓国で行われたWBA女子S・フェザー級暫定王座決定戦に敗れ、今年に入ってJBCに引退届けを提出。既にプロ格闘技デビューは果たしており、9月には韓国で総合格闘技の試合に敗れている。

Related article
関連記事