February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

10°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ガルシアvsピーターソン、今週末ゴング

ガルシアvsピーターソン、今週末ゴング

2015年4月9日 17時37分

 今週末11日(日本時間12日)米ニューヨークのバークレイズ・センターで、WBA・WBC王者ダニー・ガルシア(米)とIBF王者ラモント・ピーターソン(米)のS・ライト級頂上対決、WBO世界ミドル級タイトルマッチ、王者アンディ・リー(アイルランド)vsピーター・クイリン(米)が行われる。試合はプレミア・ボクシング・チャンピオンズの第2弾として開催される。

ガルシアvsピーターソン今週末ゴング(ボクシングニュース)
左からガルシア、クイリン、ピーターソン、リー

 7日の公開練習でガルシア(29勝17KO無敗)は「私はファンにグレートな試合を提供したい。無敗という記録のことはそれほど心配していない」とIBF王者ピーターソンとのノンタイトル戦に応じた理由を説明。ピーターソンは「みんな自分を負かしたルーカス・マティセーにガルシアが勝ったことを言うけど、土曜日に自分がガルシアよりいいボクサーであることを証明する」と意気込んだ。なお、IBFはピーターソンが敗れた場合、王座をはく奪することを明らかにしている。

 昨年12月マット・コロボフ(ロシア)との王座決定戦で番狂わせと言われた勝利を飾ったリー(32勝24KO2敗)はこれが初防衛戦。「私たちは昨年、飛躍的な進化を遂げた」と成長を強調した。3度防衛して返上したタイトルに再び挑むクイリン(31勝22KO無敗)は「私が本物であることを証明する」と決意表明した。

 4選手はプロモーション活動でニューヨーク市内の有名レストランでコックの帽子をかぶって試合をアピールした。Photo/BoxingScene.com

Related article
関連記事