日本語

Home > ニュース > 悪童トニー・アヤラJr死す
ニュース

2015年5月13日 水曜日

悪童トニー・アヤラJr死す

悪童トニー・アラヤJr死す(ボクシングニュース)
雑誌の表紙を飾ったアラヤ
 世界王者を約束されながら、不品行が災いしてキャリアが絶たれた元ミドル級トップランカー、トニー・アヤラJr(米)が12日朝、地元テキサス州サンアントニオのジムで死体で発見された。52歳。アヤラJrは彼のウェストサイド・ジムで崩れるように倒れていたという。死因はまだ発表されていない。

 アヤラは世界挑戦間近と思われた1983年、ニュージャージー州でレイプ容疑で逮捕され、16年間刑務所暮らしを強いられた。99年に出所し、キャリアを続行。11試合を戦った。しかし再びトラブルメーカーの性格が現れ、03年同罪でキャリアが停止、2度目の刑務所生活を04年から10年間も送った。昨年出所後もジムワークは続けていたようだ。終身戦績は31勝27KO、敗北はヨリボーイ・カンパスなど2度しかない。なおトレーナーだった父トニー・アヤラ・シニアは昨年亡くなっている。

Related

関連記事