February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

11°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ブラッドリー、初防衛戦はリオスかアリか

ブラッドリー、初防衛戦はリオスかアリか

2015年8月12日 12時57分

ブラッドリー
 フロイド・メイウェザー(米)の王座はく奪により正規王者に昇格したWBO世界ウェルター級王者ティモシー・ブラッドリー(米)。その初防衛戦は12月にブランドン・リオス(米)を相手に開催する計画がある。しかしランキング1位のサダム・アリ(米)の存在もあってスンナリとことが運ぶかどうか――。

 元ライト級王者のリオス(33勝24KO2敗1分)はマイク・アルバラード(米)とのシリーズ・ファイトで知られる激闘屋。好戦的なスタイルで人気が高く、現在はWBOのウェルター級インター王座も保持している。

 イエメンからの移民2世であるアリはニューヨーク・ブルックリン出身。北京五輪代表を経てプロ転向し、ここまで22勝13KOの不敗ホープだ。ブラッドリーのトップランク社とアリのGBP社は30日間の交渉期間を設け、入札に持ち込まれる可能性もあるという。

 ブラッドリー(32勝12KO1敗1分)は6月にジェシー・バルガス(米)を3-0判定で破り、WBOウェルター級暫定王座を獲得。その後メイウェザーの王座保持騒動を経て、正規王者に認定されたばかり。

Related article
関連記事