February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 赤井Jrは昨年王者に判定負け アマ全日本選手権

赤井Jrは昨年王者に判定負け アマ全日本選手権

2015年11月21日 10時01分

 岩手県で開催のアマチュアボクシング第85回全日本選手権大会は20日、奥州市の水沢体育館で準々決勝試合が行われた。1回戦シードされていたチャンピオン級もこの日は続々リングに上がり、10月の世界選手権にも出場した坪井智也(日本大学)、成松大介(自衛隊体育学校)、鈴木康弘(自衛隊体育学校)ら主要選手たちが順当に勝ち、明日の準決勝へと駒を進めている。

 メディア注目の赤井英和さんの長男・赤井英五郎(奈良県連)はこの日ミドル級2回戦に出場したが、昨年の全日本チャンピオン、濱崎良太(自衛隊体育学校)に判定負けしトーナメントから敗退した。しかし、ほとんど経験がないにもかかわらず健闘し、接戦の末0-3判定負けだった。

Related article
関連記事