February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

5°C Mist
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > プンルアンがWBOバンタム級初防衛

プンルアンがWBOバンタム級初防衛

2016年2月12日 19時59分

■WBO世界バンタム級王者プンルアン・ソーシンユー(タイ=写真)が12日、タイのナコーンラーチャシーマで防衛戦を行い、同級5位ジェトロ・パブスタン(比)に7回終了負傷判定勝ち。初回に偶然のバッティングでパブスタンが左目上部をカット。この傷が原因で負傷判定となった。スコアは70-63×3。昨年8月、王座決定戦で赤穂亮(横浜光)を下して戴冠したプンルアンは初防衛成功。昨年12月の挑戦者決定戦で大森将平(ウォズ)を下したマーロン・タパレス(比)がプンルアンへの指名挑戦権を得ている。

■前WBO世界S・フライ級王者オマール・ナルバエス(亜)が2月19日、母国プエルトマドリンでヘスス・バルガス(ベネズエラ)と対戦。ナルバエスは2014年暮れに井上尚弥(大橋)にタイトルを奪われ、昨年10月にカムバックし、今回が再起2戦目。現在はWBO同級2位につけており、40歳にしてなお井上へのリベンジを目指している。

■4月9日にラスベガスでマニー・パッキャオ(比)と対戦するWBO世界ウェルター級王者ティモシー・ブラッドリー(米)が同王座を返上。引退を公言しているパッキャオとの試合を優先し、WBOからオーダーされていたサダム・アリ(米)と指名戦を先送りにしたため。3月5日ワシントンD.C.で開催されるアリvsジェシー・バルガス(米)が王座決定戦に繰り上がる模様。

Related article
関連記事