July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > マイキー2ポンド超でベルト喪失

マイキー2ポンド超でベルト喪失

2013年6月15日 10時18分

 明日15日(日本時間16日)米ダラスのアメリカン・エアーラインズ・センターで予定されるWBO世界フェザー級タイトルマッチの計量が14日行われ、初防衛に臨んだ王者マイキー・ガルシア(米)が意外にもリミット2ポンドオーバーの128ポンド(58.06キロ)を計測し、リングに上がることなくベルトを失った。


マイキー(左)は計量失敗

 一方、挑戦者の前チャンピオン、フアン・マヌエル“フアンマ”ロペス(プエルトリコ)は125ポンド半(56.93キロ)と減量苦がうわさされながらきっちり仕上げてきた。ロペスが勝った場合のみ、タイトル移動となる。ガルシアは最初の計量でオーバーすると、2度とハカリに上がることなくタイトルを放棄した。

 計量後ロペスは「きょう彼(ガルシア)はウェイトをつくれずプロフェショナルらしくなかった。ファンは私が終わった選手だと言っている。同時に体重をつくれないだろうとも言っていた。でも私は問題なく体重をつくった。明日、全力を出して戦う」とコメント。

 WBOは手回しが早く、ロペスが敗れるか引き分けで王座が空位となるケースを想定し、前王者オルランド・サリド(メキシコ)×1位オルランド・クルス(プエルトリコ)による王座決定戦を示唆している。

Related article
関連記事