2017年4月16日日曜日

豪華絢爛の世界ミドル級史、最新ビート5月号から

 ケッチェル、グレブ、ロビンソン、モンソン、ハグラー、ホプキンス……ミドル級のベルトは何と偉大な男たちの手を渡ってきたことか。村田諒太(帝拳)の世界戦が決まったおかげで改めて日本のファンも注目する伝統の階級を特集する。=ボクシング・ビート5月号より=

 歴代王者からトップバッターとして選んだのが「ミシガンの暗殺者」と畏怖されたスタンリー・ケッチェル(本名スタニスラウス・キーカル)だ。20世紀に入り、1904年5月、17歳でプロデビューしたケッチェルはその時点で250戦以上の草試合(酒場の喧嘩)のキャリアがあった。

 プロのリングでも前歴同様の獰猛なファイトで世界王者に到達。宿敵ビリー・パプケに不意打ちのパンチを食らったのが響いて王座から陥落するも、再戦で14度も倒して奪回。

 1909年10月、無敵のヘビー級王者ジャック・ジョンソンに挑みダウンを奪ったが、怒ったジョンソンに仕返しされて痛烈な12回TKO負け。私生活では家族さえも裏切る冷酷非情な男と言われ、末路も劇的だった。

 1920年代「ピッツバーグの人間風車」と呼ばれた豪傑がハリー・グレブだ。海軍でボクシングを習得。米国各地のプロモーターに自らを売り込み、キャリアをスタートさせた……。

 記事の全文は現在発売中のボクシング・ビート5月号でご覧になれます。村田の世界初挑戦に絡み、渾身のミドル級特集はもりたくさん。紙版のほか、電子版はスマホでもご購入いただけます。下記アドレスにお進みください!

■ご購入先
【アマゾン】http://goo.gl/RGxxpa

【スマホ・iOS版】http://goo.gl/t9j7OK

【スマホ・Android版】http://goo.gl/K9V6Qv