June
22
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 世界王者しのぐ人気者ライアン・ガルシア メンタルの病乗り越え4.9タゴエと復帰戦

世界王者しのぐ人気者ライアン・ガルシア メンタルの病乗り越え4.9タゴエと復帰戦

2022年2月10日 10時44分

 スーパースター候補で元WBCライト級暫定王者のライアン・ガルシア(米=写真)が4月9日、米サンアントニオのアラモドームでWBC同級10位エマヌエル・タゴエ(ガーナ)と復帰戦を行うことになった。ガルシアがSNSで明らかにしている。

 23歳のガルシア(21勝18KO無敗)はインスタグラムのフォロワーが876万人で、既に世界王者をしのぐ人気を誇る。昨年1月、ルーク・キャンベル(英)に7回TKO勝ちでWBC暫定王座を獲得。同年7月にハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)との試合がセットされたが、精神的な病を理由に試合をキャンセルした。

 さらに11月にはジョセフ・ディアス(米)との試合が予定されながら、トレーニング中に手首を痛めて手術。心身ともに不調を抱えてブランクを作ることになったが、カネロ・アルバレスが師事するエディ・レイノソ・トレーナーの指導を受け、ようやくタゴエ(32勝15KO1敗)とのカムバック戦にこぎつけた。

 ライト級はガルシア不在の間、同世代の統一王者テオフィモ・ロペス(米)が王座陥落して階級アップが濃厚。それでも統一王者ジョージ・カンボソス(豪)、WBAスーパー王者ジェルボンテ・デービス(米)、WBC王者デビン・ヘイニー(米)、元3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)ら豊富なタレントがそろう。人気者の復活でライト級がさらに熱くなると期待される。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事