June
22
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > S・ライト級4団体統一王者テイラーあす防衛戦 カテラルと闘志むき出しフェイスオフ

S・ライト級4団体統一王者テイラーあす防衛戦 カテラルと闘志むき出しフェイスオフ

2022年2月26日 9時53分

 明日26日(日本時間27日)英国スコットランド・グラスゴーのSSEハイドロ・アリーナで開催されるS・ライト級4団体統一戦の計量が25日行われた。IBF&WBO&WBC&WBAスーパー統一王者ジョシュ・テイラー(英)がリミットの140ポンド(63.50キロ)、挑戦者WBO1位ジャック・カテラル(英)は139ポンド(63.05キロ)を計測し合格した。

ヒートアップするテイラー(左)とカテラル

 計量後、フェイスオフすると両者は額を突き合わせて闘志をむき出し。カテラルが王者の首をつかむとテイラーが押しのけ、係員に止められた。

 4団体統一王者に就いて初めてリングに上がるテイラー(18勝13KO無敗)はIBF王座は4度目、WBAスーパー王座は3度目の防衛戦となる。31歳のサウスポーのスコットランド人は今回、6試合連続、無敗の相手との試合となる。

 一方カテラル(26勝13KO無敗)もサウスポー。28歳のイングランド人は19歳でプロ入りするまでアマチュア経験がなかったと告白。キャリア不足を補う目的で米国修行を敢行。フロイド・メイウェザーやカネロ・アルバレスのスパーリング相手を務めながら腕を磨いたという。

 オッズは比類なき王者テイラーに大きく傾いている。Photo by Lawrence Lustig

Related article
関連記事