June
15
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > フューリーにTKO負けのホワイト息巻く アッパーのあとのプッシュを反則と主張

フューリーにTKO負けのホワイト息巻く アッパーのあとのプッシュを反則と主張

2022年4月26日 12時29分

 先週土曜日23日、ロンドンのウェンブリースタジアムで行われたWBCヘビー級タイトルマッチで6回TKO負けした挑戦者ディリアン・ホワイト(英)が2日後の25日スカイ・スポーツの取材で、王者タイソン・フューリー(英)の反則を主張した。

 ホワイトは「確かにいいパンチをもらった。それは認める。ダメージも受けた。でも(レフェリーは)回復する時間を与えるべきだったと思う。彼は2本の腕で私を押し倒した。これはプロレスではなくボクシングだ。攻撃は1本の腕で実行しなければならない」とアピール。レフェリーの処置に不満をぶちまけた。

 勝負が決した場面、フューリーの右アッパーが炸裂し、棒立ちになったホワイトをフューリーがプッシュ。ホワイトの巨体がドッとキャンバスに沈んだ。懸命に起き上がったホワイトだが、足もとがグラつき、レフェリーに抱えられる状態でストップとなった。

 ホワイトは「止められる前に回復する時間が欲しかった。そして7ラウンドが開始されるべきだった。フューリーにたくさんのものを持ち逃げされた気持ちだ」と息巻いている。

Related article
関連記事