日本語

Home > ニュース > 4団体統一目指す井上尚弥がLA合宿から帰国 殿堂入りローチ氏ジムで「緊張感が違った」
ニュース

2022年9月18日 日曜日

4団体統一目指す井上尚弥がLA合宿から帰国 殿堂入りローチ氏ジムで「緊張感が違った」

 バンタム級3団体統一チャンピオンで年内の4団体統一戦が期待される井上尚弥(大橋)が18日、合宿先のロサンゼルスから父の真吾トレーナー、弟の拓真らと帰国。羽田空港でメディアの取材に応じた。

メディアの取材に応じた井上尚弥(右)と拓真

 かねて「環境を変えて海外で練習をしてみたい」と話していた井上がその思いをこのタイミングで実現させた。選んだ先は殿堂入りトレーナー、フレディ・ローチ氏がロサンゼルスに構えるワイルドカードジム。ジム内にはここからアメリカンドリームを実現させたマニー・パッキャオ(フィリピン)の写真がたくさん貼られていたという。

 帰国した井上は「向こうの選手、トレーナー、関係者が見ている中でスパーリングできたことは刺激になった。いつものジムでやるのと比べてメンタルトレーニングにもなった」と大きな手応えを感じた様子。これについては拓真も「いつもジムでやっているのとは緊張感が違った」と同じ感想だった。

 井上のもとに集まったパートナーはWBA・S・バンタム級1位のアザト・ホバニシャン(アルメニア)、フェザー級世界ランカーのアダム・ロペス(米)、井上のドネア第1戦前にスパーリング・パートナーとして来日したジャフェスリー・ラミド(米)ら6、7人。滞在中に井上がスパーリングしたのは5日間で、ラウンド数は6、6、8、5、4ラウンドだった。

 パートナーについて井上は「これだけの選手がそろうことはなかなかない。日本人トップ選手が6人集まってもどうしても似てくるところがあるけど、それぞれが違っていて気が抜けなかった」と彼らのレベルに満足そう。

 その中で特に指名して数をこなしたのがロペスだったという。「左右に動ける選手で、この中ではバトラーに一番近いかなと思った」と井上。WBO王者ポール・バトラー(英)対策の合宿ではないと言いつつ、しっかりと統一戦を見据えているあたりはさすが。

 今後は日本でスパーリングを重ね、10月下旬に走り込みのミニ合宿を行う予定。年内に実現が期待される4団体統一戦に向け、充実のチャンピオンはピッチをあげていきそうだ。

Related

関連記事