日本語

Home > ニュース > 沖縄で売り出すアフリカの星 オイコラ100秒KO勝ち 元国体王者シーサー皆川は初黒星
ニュース

2023年1月22日 日曜日

沖縄で売り出すアフリカの星 オイコラ100秒KO勝ち 元国体王者シーサー皆川は初黒星

 平仲ボクシングスクールジム主催「挑MUGEN」の19回目となる興行が22日沖縄県豊見城体育館で行われ、メインのS・フェザー級8回戦では、ナイジェリアからの輸入選手、リドワン・オイコラ(平仲BS)がタイ・ライト級1位のマナット・ソーパーティップ(タイ)を初回1分40秒KOに破り、来日4連勝をマークした。

豪快に倒したオイコラ

 マナット(25歳)はこれまで7戦全勝5KOと無敗のレコードを持つ新鋭。オイコラも「厳しい戦いになると思っていた」というが、実際は圧勝。アマ歴の長いオイコラは立ち上がりジャブでフラつかせるとすかさず追撃。ロープ際に詰めて猛攻するとマナットあえなくダウン。

 これは立ち上がったものの完全に足にきていた。オイコラはボディーにも左フックを決め、上下を攻めて2度、3度と倒し、フィニッシュに持ち込んだ。これまでアウトボクサーという評判だったが、この日は相手が打たれもろいせいか豪快に倒しまくる姿が印象的だった。

タレントのボビー・オロゴンさん(右)と勝利者インタビューを受けた

 オイコラ(25歳)はタレントのオロゴンさんが母国ナイジェリアからスカウトしてきた選手。この日はオロゴンさんがセコンドにつき、試合後のインタビューの通訳も務めた。「沖縄から世界チャンピオンになる準備はできた」とオイコラは地元ファンにアピール。「世界チャンピオンになるか(国に)帰るかのどっちか」とオロゴンさん。

 「今日はオイコラにとってテストケースの相手だったが、いい内容で勝った。真面目に練習しているのを見ているから安心していた」と平仲信明会長。平仲ジムに初のチャンピオンベルトをもたらす選手として期待している。オイコラはこれで通算13戦11勝6KO1敗1分。

中田は元国体王者の皆川を沈めた

 セミのミドル級8回戦では、元国体チャンピオンのシーサー皆川(平仲BS)が中田勝浩(井岡弘樹)に7回57秒KO負けで初黒星の波乱。これまでスタミナに難があるといわれてきたが、この日も4回からガス欠となり、再三のスリップダウンにもすぐに立ち上がれないほど。中田は7回に右ボディーを決めてフィニッシュした。

Related

関連記事