日本語

Home > ニュース > 元S・ライト級4団体王者のテイラー負傷 3.4カテラルとの因縁リマッチは再び延期
ニュース

2023年1月23日 月曜日

元S・ライト級4団体王者のテイラー負傷 3.4カテラルとの因縁リマッチは再び延期

 4月4日に英グラスゴーで予定されていた英国人同士のWBO・S・ライト級タイトルマッチが延期されることになった。ジャック・カテラルとのダイレクトリマッチを控える王者ジョシュ・テイラー(写真)が足を負傷したことが理由。テイラーがスカイスポーツのインタビューに答えている。

 21年の4団体統一以降、いいニュースのないテイラーがまたしても株を下げた。両者は昨年2月に対戦し、4団体統一王者だったテイラーが8回にダウンを喫したものの2-1判定勝ち。物議を醸す判定で、114-111でテイラーの勝利と採点したジャッジが、英国ボクシング管理委員会から懲戒処分を受けた。

 批判を浴びたテイラーはウェルター級進出を棚上げしてカテラルとの再戦を決意。しかし、当初11月に開催するというプランは中継局の都合もあって2月、3月へと延期。そもそも昨年2月の試合がテイラーのけがによって延期されたという経緯もあり、カテラルに同情的な声が集まりそうだ。

 テイラーは足を負傷し、練習を再開するまでに4週間ないし6週間かかると見られている。テイラーの回復に時間がかかるようなら、テイラー戦以降リングから遠ざかっているカテラルに暫定王座決定戦が認められる可能性も出てきそうだ。Photo by SUIMO YAMADA

Related

関連記事