July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Mist
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 矢吹正道の標的 IBF・L・フライ級王者ノンティンガ 6.16南アフリカで防衛戦

矢吹正道の標的 IBF・L・フライ級王者ノンティンガ 6.16南アフリカで防衛戦

2023年4月12日 9時32分

 IBF・L・フライ級王者シベナティ・ノンティンガ(南アフリカ)が6月16日、同国イースト・ロンドンで指名挑戦者レジー・スガノブ(フィリピン)と初防衛戦を行うことになった。ザ・リングなど海外メディアが報じた。

昨年12月に来日したノンティンガ(左)=畑中ジム提供

 24歳のノンティンガ(11勝9KO無敗)は昨年9月、前王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)が返上した王座をエクトール・フローレス(メキシコ)と争い、2-1判定でタイトル獲得。IBFから指名挑戦者スガノブとの対戦交渉を指令され、入札を目前にして交渉がまとまった。

 スガノブはデビューから13連勝(4KO)の25歳。フィリピン国外で試合をするのは初めてで、アウェーで世界初挑戦となる。

 IBF・L・フライ級は、前WBC同級王者の矢吹正道(緑)が1月にIBF2位決定戦で同7位のロナルド・チャコン(ベネズエラ)を下して2位を確保。ノンティンガへのチャレンジを狙っている。

■L・フライ級世界王者
WBA 寺地拳四朗(BMB)
WBC 寺地拳四朗(BMB)
IBF シベナティ・ノンティンガ(南ア)
WBO ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)

Related article
関連記事