0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年3月18日火曜日

ラウンドアップ(海外版)

ジョニゴンほか海外情報(ボクシングニュース)

ゴンサレス

■IBF世界S・フェザー級戦でフィニッシュブローがラウンド終了後と判断され、無効試合に変更されたランセス・バルテレミー(キューバ)が大物代理人アル・ヘイモン氏とサイン。IBF世界S・ライト級王者ラモント・ピーターソン(米)も最近、同氏傘下に加入しており、メイウェザー以下ラインナップが充実。

■アブネル・マレス(メキシコ)とのリマッチが流れる可能性が大きくなったWBC世界フェザー級王者ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)が選択防衛戦を考慮中。相手に同胞ホルヘ・アルセの名前があがっている。アルセはL・フライ級からS・バンタム級まで5階級制覇を達成しているが、その経過から認知度はあまり高くない。

■昨年、英国ホープのデビッド・プライスに2連続TKO勝利を収めたベテラン・ヘビー級トニー“ザ・タイガー”トンプソン(米)が17日トルコ・イスタンブールに到着。トンプソン(42)は今週土曜日22日、オドニエル・ソリス(キューバ)との一戦がセットされている。またも大物食いの本領なるか?

■前IBF世界フライ級王者モルティ・ムザラネ(南ア)が15日ダーバンでジェッター・オリバ(比)に2-1判定勝ちで、マイナー団体IBOフライ級王座を獲得した。スコアは117-112、116-112(ムザラネ)、115-113(オリバ)。ムザラネは試合枯れと報酬の問題からベルトを返上していた。