②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2016年4月14日木曜日

WBC最新ランキング、田中恒成がL・フライ級12位に

 WBCが最新4月度ランキングを発表。WBO世界ミニマム級王座返上を表明した田中恒成(畑中=写真左)がL・フライ級の12位に早速ランクされた。先月IBFミニマム級で初の世界ランク入りを果たした新鋭、加納陸(大成=写真右)も同級15位に入った。日本フライ級王者の粉川拓也(宮田)も同級15位に。粉川はWBOを除く3団体で世界ランク入り。

 プロ5戦目でWBOミニマム級王座を獲得した田中は昨年大みそかに初防衛を成功させ、今年は2階級制覇を目指すとして今月7日に王座返上を発表。5月28日に名古屋国際会議場でIBF・L・フライ級9位レネ・パティラノ(フィリピン)とのノンタイトル戦が決まっている。

 海外でプロデビューした加納は昨年国内デビューを果たし、以降は4勝2KO無敗。こちらは5月8日、兵庫県三田市総合文化センター郷の音ホールでOPBFミニマム級暫定王座決定戦に挑むことが発表されている。

 月間最優秀選手は京都で木村悠(帝拳)からL・フライ級王座を獲得したガニガン・ロペス(メキシコ)。フェザー級暫定王座を防衛したオスカル・エスカンドン(コロンビア)が次点。http://wbcboxing.com/wbceng/ratings