July
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

33°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ライト級4団体統一のヘイニー WBC・S・ライト級王者プログレイス挑戦は12.9サンフランシスコ

ライト級4団体統一のヘイニー WBC・S・ライト級王者プログレイス挑戦は12.9サンフランシスコ

2023年9月27日 9時25分

 ライト級4団体統一王者デビン・ヘイニー(米)とWBC・S・ライト級王者レジス・プログレイス(米)の一戦が12月9日、米サンフランシスコのチェイス・センターにセットされた。試合の模様はDAZNで世界に中継される。主催のマッチルームボクシングが発表した。

 ヘイニー(30勝15KO無敗)は昨年6月、ジョージ・カンボソスJr(豪)を下してライト級4団体統一に成功。初防衛戦でカンボソスを返り討ちにし、V2戦でワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に勝利。今回は階級アップを選択した。

 地元で試合を迎えるヘイニーは「これは理論上タフな試合になる。なぜなら私にとって初めての階級だからだ。私はこのプランに満足してる。私は彼を圧倒するつもりだ。そしてウェルター級に注目が集まるだろう」とさらなる階級アップも示唆した。

 ヘイニーの挑戦を受けるプログレイス(29勝24KO1敗)は19年にジョシュ・テイラー(英)との2団体統一戦に敗れてプロ初黒星を喫したものの、昨年王座に返り咲いて今回が2度目の防衛戦。「デビンは135ポンド(ライト級)で好成績を収めたが、私は140ポンド(S・ライト級)で世界最高の選手。それをもう一度証明する」と意気込んでいる。

 WBCはこの試合を認めるにあたりヘイニーをライト級休養王者にシフト。他の3団体は今のところヘイニーをライト級王者に認定したまま。会場のチェイス・アリーナはNBAゴールデンステート・ウォリアーズの本拠地で1万8000人収容。

Related article
関連記事