February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 世界選手権銅メダル 和田まどかプロ転向表明 世界複数階級制覇目指す

世界選手権銅メダル 和田まどかプロ転向表明 世界複数階級制覇目指す

2024年1月30日 16時21分

 世界選手権で銅メダルを2度獲得するなどアマチュアの女子トップ選手として活躍した和田まどか(29歳)がプロ入りを表明。所属先となるTEAM10COUNTが30日発表した。

左から和田、鳥海会長、松田

 横浜市出身の和田は全日本女子選手権でミニマム級からフライ級まで3階級で計6度優勝するなどアマ8冠、58勝13RSC10敗の戦績を残した。2014年と18年の世界選手権L・フライ級では銅メダルを獲得、アマチュアのトップ戦線で活躍した。

 高校生のときに、1月にWBA&WBOアトム級王者となった松田恵里(TEAM10COUNT)と対戦して以来、鳥海純会長とは交流があり、同ジムからのプロ入りにつながった。

 和田は「プロでの目標は複数階級での世界チャンピオンで、『日本人女子初!』や、『日本人女子最短!』などいろんなことを成し遂げたい」、「スピード・テクニック・ディフェンス面でもみなさんが驚くようなパフォーマンスをお見せし、唯一無二の存在になりたい」と意欲あふれるコメントを発表した。

 和田は3月までにB級プロテストを受験し、4月のA級プロデビューを目指す予定。写真=TEAM10COUNT提供

Related article
関連記事