April
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ABCジムが大正区長にプロ加盟報告 高校王者の川淵一統 プロテスト受験

ABCジムが大正区長にプロ加盟報告 高校王者の川淵一統 プロテスト受験

2024年3月28日 17時16分

 アマジムで活動してきた大阪市大正区泉尾1-13-9、ABCジムがプロ加盟し、松本憲亮会長、出花(旧姓池原)久美子トレーナーと選手たちが28日、大正区役所を訪問、古川吉隆区長にプロジム発足を報告した。大正区では仲里ジムに続くプロジムの誕生だ。

大正区役所にプロ加盟報告したABCジムのメンバー

 ABCジムは神林ジムの選手だった池原正秀名誉会長が2000年に泉尾の三泉商店街に開いた。地域住民の健康増進に尽力するとともにアマ選手の育成に努め、池原名誉会長の姪の久美子が五輪選手を目指した。京都のフュチュールジムからプロデビューした久美子は池原シーサー久美子のリングネームで2014年、WBO女子世界ミニフライ級王座を獲得、4度防衛を果たしている。

 松本会長はヨシヤマジム所属で日本S・ライト級7位、20勝4敗3分の戦績。フュチュールジムで池原のトレーナーをしていた縁で、17年から池原名誉会長にABCジムの運営を任された。プロ志望の練習生が多く、近くの仲里ジムの理解を得て、西日本協会にプロ加盟した。

 5月中旬に堺市の堺春木ジムで行われるプロテストに2人が受験する。大阪・興國高時代にミドル級で全国大会優勝の川渕一統(かずさ=19)がB級、滋賀・能登川高校出身の杉山迅(18)がC級でデビューを目指す。川渕は昨年、大阪商大に進み、1年生から関西学生リーグに出場していたが、中退してプロ入りする。

 訪問では川渕、杉山選手にとともに高校、中学での活躍を目指す4人がそれぞれ自己紹介と今後の抱負を述べた。古川区長から「市民のみなさんに応援してもらえる選手になってください」と激励された。

プロテストを受ける川渕(右)、杉山(左)と松本会長(中央)
Related article
関連記事