May
22
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > テイラーとセラノが2年ぶり女子頂上対決 7.20テキサス メインはタイソンと人気ユーチューバー

テイラーとセラノが2年ぶり女子頂上対決 7.20テキサス メインはタイソンと人気ユーチューバー

2024年4月17日 11時04分

 女子ボクシングのトップ対決、ケイティ・テイラー(アイルランド)vs.アマンダ・セラノ(プエルトリコ/米)のリマッチが7月20日、米テキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで行われることになった。テイラーが保持するS・ライト級4団体統一王座が争われる。当日のメインではマイク・タイソン(米)と人気ユーチューバーのジェイク・ポール(米)が拳を交える。

 テイラーとセラノは22年4月、ニューヨークのマジソンスクエアガーデンでテイラーのライト級4団体統一王座を争って対戦。女子ボクシング最大のイベントと言われた。試合は接戦の末、2-1判定でテイラーの手が上がった。その後セラノはフェザー級で4団体統一チャンピオンに君臨。今回の再戦は3階級越えの挑戦となる。

 テイラーは昨年5月、S・ライト級4団体統一チャンピオン、シャンテレ・キャメロン(英)に挑戦したが、判定負けで初黒星。しかし11月、キャメロンにリベンジし、2階級で比類なきチャンピオンに就いた。「このリマッチは世界中が観たがっている。ついに実現に運び、とてもうれしい」とコメント。強敵の返り討ちを誓う。

 一方、昨年10月のダニラ・ラモス(ブラジル)との防衛戦を男子と同じ3分×12ラウンドで戦ったセラノは今回、テイラーの要望に応じて女子のスタンダード、2分×10ラウンド制を承諾した。しかしこのテイラー戦限定を強調。「私は彼女のベルトが欲しい。だから2分×10ラウンドに応じた。今後はまた3分×12ラウンドで戦って行きたい」と自身の方針を貫く姿勢を見せる。

Related article
関連記事