June
15
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 訃報 ボクシング・ビート誌 春原俊樹記者逝く

訃報 ボクシング・ビート誌 春原俊樹記者逝く

2014年3月31日 18時50分

 病気療養中だったボクシング・ビート編集部の春原俊樹記者が30日午後5時17分、入院先の埼玉県内の病院で亡くなった。57歳だった。=写真・山口裕朗=

 春原記者は長野県上田市出身。1989年春にビートの前身「ワールド・ボクシング」誌の編集記者となり、以来ほぼ四半世紀にわたって試合場やジムなどの現場取材を担当してきた。今年に入り胃がんと判明し闘病生活を続けていたが、30日になって容態が悪化して危篤に陥り、ついに帰らぬ人となった。死因は「胃がんによる肝機能腎機能停止」という。

 葬儀は明日1日(火)午後6時より通夜、2日(水)午前9時50分から告別式が、いずれも埼玉県さいたま市の北浦和葬斎センターで執り行われる。喪主は妻の悦子さん。

 北浦和葬斎センター=埼玉県さいたま市浦和区瀬ケ崎3-16-10。生花等の注文はさがみ典礼さいたま支社で受け付けている。☎0120-82-2780 FAX 048-684-7296。

Related article
関連記事