April
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 高橋竜也がタイ選手にKO勝ち 地元つくばの試合

高橋竜也がタイ選手にKO勝ち 地元つくばの試合

2015年9月26日 23時07分

 日本バンタム級8位の高橋竜也(ヤマグチ土浦)が1年ぶりの地元リングでKO勝ち――。26日夜茨城県つくば市のつくばカピオで行われたメインカード8回戦で、タイのクーキアット・ソーケーオカムシーに4ラウンドKO勝ちを飾った。

高橋竜也がタイ選手にKO勝ち(ボクシングニュース)
クーキアットをKOする日本ランカーの高橋

 初回、左ジャブを繰り出して果敢にスタートした高橋。2回終盤にはショート連打でダウンを奪い、楽勝ペースかと思わせたが、クーキアットもすぐ立ち直り、出てくる高橋に応戦。時折右ストレートを顔面に合わせて抵抗した。しかし地元ファンの声援を背にした高橋は顔を赤くしながらもプレスを続けて優勢に試合を進めた。

 そして迎えた4回、打ち合いから左フックをクリーンヒットすると、クーキアットがたまらず崩れ落ち、マーチン主審が10カウントを宣した。KOタイムはこの回2分19秒。

 高橋(26歳)はこれで昨年12月の日本タイトル挑戦で当時の王者益田健太郎(新日本木村)に判定負けして以来3勝1分(通算21勝15KO6敗4分)。再挑戦を諦めない高橋は「絶対つくばに(ベルトを)持ってこれるようにしますんで」と、地元のファンに誓っていた。

Related article
関連記事