日本語

Home > ニュース > 清水聡が貫禄勝ち OPBFフェザー級王座V5 
大橋会長 WBO・AP王者・森武蔵との対戦に前向き
ニュース

2020年7月16日 木曜日

清水聡が貫禄勝ち OPBFフェザー級王座V5 
大橋会長 WBO・AP王者・森武蔵との対戦に前向き

 16日、後楽園ホールのダブルタイトルマッチのメインで行われたOPBFフェザー級戦は王者・清水聡(大橋)が14位挑戦者・殿本恭平(勝輝)に7回2分10秒TKO勝ち。昨年7月、WBOアジアパシフィックS・フェザー級王者ジョー・ノイナイ(比)に初黒星を喫して以来の再起に成功すると同時に、OPBFタイトル5度目の防衛を果たした。

V5を達成し、安どの表情を見せる清水

 試合は開始と同時に元日本ユース王者の殿本が打ちかかった。上体を振り、低い姿勢で右ボディ、左フック。そこに清水の左ストレートが入り、挑戦者は早々にダウンする。

 立ち上がってなおも打ちかかる殿本。右ストレート、左フックが背の高い清水をとらえることもあったが、今度は右フックを合わされて2度目のダウンを喫した。

 出だしに2度のダウンを奪った清水だが、若い殿本の回復力も考慮して無理には行かない。サウスポースタンスから右ジャブをコツコツをついてペースメイクをする。序盤は殿本の攻めに危なっかしい場面が散見したが、徐々に試合展開を落ち着かせていった。

 それでも殿本も清水の強打に慣れてきたか、ひるまず左右のパンチで飛びかかっていく。しかしそれ以上に清水の左ストレート、右フックを浴びた。迎えた7回、コーナーで殿本の被弾が続くと、福地主審がストップした。

 清水は「勝ててホッとしていますが、課題がある」と“快笑”とはいかず。バランス面を改善するつもりだが、これにはコロナ禍で対人練習の不足も祟ったようだ。清水は9勝9KO1敗。殿本は9勝4KO3敗1分。

 大橋秀行会長が明かしたところによると、対戦希望の出ているWBOアジアパシフィック王者の森武蔵(薬師寺)について「ぜひ(試合を)実現させたいと思う」と応じる構えだ。

 またこの日のプロモーターでもある同会長は「(無観客試合は)席もないし、不思議な感覚だった。ただし、選手が試合をすることは大事なので、それに関してはよかった」と興行を総括した。

Related

関連記事