日本語

Home > ニュース > 中谷潤人とWBOフライ級王座決定戦のマグラモ 
延期にも闘志衰えず「父と叔父の夢かなえる」
ニュース

2020年8月8日 土曜日

中谷潤人とWBOフライ級王座決定戦のマグラモ 
延期にも闘志衰えず「父と叔父の夢かなえる」

 8月21日に後楽園ホールで開催予定だったWBOフライ級王座決定戦で中谷潤人(M.T)と対戦予定だった同級1位ジーメル・マグラモ(比)の近況を、地元紙のマニラタイムズが報じている。

こちらは日本のホープ中谷

 同紙は、マグラモの父メルビンさんが元OPBFフライ級王者であること、叔父のロニーさんがWBAミニマム級暫定王座に挑戦(対ソンクラーム・ポーパオイン=8回負傷判定負け)していることを紹介。メルビンさんは99年の決定戦で秋田勝弘を下してOPBF王座に就き、初防衛戦で中野博に敗れている。

元ボクサーの家族を持つマグラモは「父と叔父の夢を私も追いたいのでボクシングをしている。必ず世界チャンピオンになる」とコメント。世界タイトル獲得はマグラモ家の悲願というわけだ。

 さらに記事は「長身選手の典型的な戦い方をする中谷(20勝15KO)はマグラモ(24勝20KO1敗)にとって興味深い相手だ。マグラモはインサイドに入り、強烈なボディブローを打ち込む傾向がある。中谷がこれにどう対処するか見ものだ」と簡単に試合をプレビューした。

 マグラモは試合延期の決定を受けて少し体重が増えたというが、新たなスケジュールが決まればすぐさま準備を整えられる状態にあるという。世界初挑戦に向け、中谷と同じようにマグラモも抜かりはないようだ。

 中谷とマグラモは当初、4月1日に対戦予定だったが、新型コロナウイルスによる影響で延期が繰り返され、8月21日にセットされた試合も延期となった。新たなスケジュールは決まっていない。

Related

関連記事