日本語

Home > ニュース > アメリカ世界タイトル開幕戦 WBO・L・ヘビー級王者スミスは急きょ代役とV1戦
ニュース

2022年1月9日 日曜日

アメリカ世界タイトル開幕戦 WBO・L・ヘビー級王者スミスは急きょ代役とV1戦

 15日(日本時間16日)開催のアメリカで今年最初の世界タイトルマッチ、WBO・L・ヘビー級タイトルマッチが挑戦者の離脱で中止のピンチにさらされながら、対戦相手を変更して開催されることになった。

 ニューヨーク州ベローナのイベントは当初、WBO・L・ヘビー級王者ジョー・スミス(米)が地元に挑戦者7位カラム・ジョンソン(英)を迎えて初防衛戦を行う予定だった。しかし、ジョンソンが新型コロナウイルスに感染して脱落。スティーブ・ジェフラール(米)が急きょ代役に指名された。

 32歳のスミス(27勝21KO3敗)は昨年4月、マキシム・ウラソフ(ロシア)との王座決定戦で獲得したタイトルの初防衛戦。31歳のジェフラール(18勝12KO2敗)はタイトル初挑戦。いきなりのビッグチャンスでアップセットを狙う。

 なお、セミに出場するWBO・S・フェザー級3位アブラハム・ノバ(米)の対戦相手ホセ・エンリケ・ヒバス(メキシコ)も先日、負傷により試合をキャンセル。無敗のノバ(20勝14KO)は代役ウィリアム・エンカルナシオン(ドミニカ共和国=19勝15KO1敗)と対戦することが発表されている。

Related

関連記事